ホーム JECKについて 会員コーナー Trainees' Corner JECKAについて リンク、他
JECK概要
会則
会報
ニュース
トピックス
スケジュール
アクセス&問合せ
JECK海外活動レポート
JECKプラーザ
会員専用
私の本棚
Trivia
About This Corner
Topics
Members' Page
Trainees' Page
JECKA概要
リンク
更新記録

  ニュース(2019年度)

2019.09.18に、神奈川県海外技術研修生受入事業の研修生4名(中国人1名は日本到着が遅れていて欠席)の歓迎交流会が開催され、小泉由紀子・ 石黒功両会員が参加した。神奈川県国際課、JOCA(公益社団法人青年海外協力協会)、及び研修受入先関係者(横浜国立大学、南富士(株)、 神奈川県立病院機構、JECK)が参加し、和やかに催された。
研修生4名は、パラチャンデル・アパルナ(インド)、チャロイティット・ウィースダ(タイ、JECK受入)、カポチチ・アメル(ベナン)、 ソナム・チョペル(ピータン)の皆様である。
     

地域見学会(昭和電工使用済プラスチックケ・ミカルリサイクルプラント見学)(2019.08.2)
2019.08.28に、会員6名が昭和電工扇町工場内のプラスチックリサイクルプラントを見学した。このプラントは、容器包装リサイクル法により、 自治体が収集した使用済プラスチック容器・包装材料を、破砕、成型、低温及び高温ガス化反応により、最終的に水素と二酸化炭素に分解している。 水素は空気中の窒素と反応させてアンモニアを合成し、二酸化炭素は液化炭酸またはドライアイスとして市販している。単品分離が困難なため、 マテリアルリサイクルに適さない使用済包装材料等は、ケミカルリサイクルされることが多いが、コークス炉化学原料、高炉還元剤、油化等の 比較的単純なプロセスで処理されている。水素及び二酸化炭素迄分解し、水素は同社の持つアンモニア合成技術で液化アンモニアにして販売すると いうのは、ユニークなプロセス(同社によれば世界唯一のプラント)を見学し、最近いろいろと批判されているが、日本の化学技術裾野の広さを 見直した見学会であった。
             
     成型プラント    熱分解プラント(低温分解塔、高温分解塔各2系列収納) 工場見学案内スタッフと記念写真

NPO法人JECK設立総会
7月13日に会員20人(+委任6人)が参加して、NPO法人JECK設立に当たり、会員への説明の為の夏季フォーラムと設立総会が開催された。
尚、設立総会の開催に当たっては事前に全会員(48名)に対して現行の一般法人JECKから新設NPO法人JECKへの再登録が要請され、 32名の会員が再登録手続きを行った。 最初に以下の議案について説明、質疑応答が行われた。
  第1号議案 NPO法人JECK設立趣旨書案承認の件
  第2号議案 NPO法人JECK定款案承認の件   第3号議案 設立当初の会費の件
  第4号議案 設立初年度及び翌年度の事業計画及び活動予算書承認の件
  第5号議案 特定非営利活動促進法第2条第2項第2号及び同法第12条第1項第3号に該当することの確認の件
  第6号議案 役員の選任の件
  第7号議案 事務所の決定に関する件
  第8号議案 議事録署名人の選任の件
  (上記資料は会員専用ページに保存されている)
続いて各議案について審議が行われ、概ね賛同が得られたが次の事項については修正提案がなされ、修正が承認された。
  1.(定款第3章会員):団体会員を追加する。会費は1口X円と決める。
  2.(定款第4章役員):監事1名を1乃至2名とする。
最後に一部会員から、NPO法人に再登録せずに現行のJECKで活動したいので、その可能性をJICAに確認してほしい旨要望があり 理事長預かりとなった。続いて懇親会が和やかな内に行われた。

尚、7月24日に横浜市市民局に設立申請書が提出され、受理された。9月下旬に認証され、 同時に横浜市法務局に登記の見込みである。
     
     

2019年度役員4役の選任
4月27日に行われた総会で9人の理事と1人の監事が満場一致で選任され、続いて5月11日に行われた理事会で下記の役員4役が選任されました。
  理事長(再任)   福田 信一郎
  副理事長(新任)  吉田 博至
  事務局長(新任)  小泉 由紀子
  監事(新任)    山田 敏夫
4役の就任挨拶はトピックスに掲載されています。

第32号会報の発刊
第32号会報では2018年度下期活動ニュースに加えて以下の特集が掲載されています。
【1】健康寿命を延ばすための食事と運動   フィットネスインストラクター、健康運動指導士、
     アンチエイジング学会アンチエイジングプランナー  稲毛 友紀
【2】国際交流事始め   JECK会員  鈴木 良寛
【3】カンボジアでのJICA専門家(運輸政策アドバイザー)としての活動を振り返って   JECK会員  久米 秀俊
【4】米国ベンチャー事情   JECK会員  石黒 功
【5】ヒンドゥー教の奇祭タイプーサムinマレーシア   JECK会員  小塩 威
詳しくは会報をご参照ください。

2019年度総会を開催
2019年度(第18回)総会が 4月27日(土)15:00~17:30 JICA横浜センターで20名の会員の参加を得て開催されました。 2018年度の事業報告、収支決算報告、2019年度の事業計画、収支予算、2019/2020年度役員改選、JECK会則一部改定が諮られ 承認されました。その後自由討議が行われ、活発な意見交換が行われました。詳しくはトピックスをご参照ください。

  ニュース(2018年度)

よこはま国際フォーラム2019に参加
JECKは「よこはま国際フォーラム2019」に参加して福田信一郎・木村剛両会員が「JICA派遣専門家の任地での生活あれこれ」のタイトルで講演した。
               

神奈川産業振興センター賀詞交換会出席(2019.02.01)
横浜ベイホテル東急で2月1日に開催された、JECKも会員である神奈川産業振興センター(KIP)の賀詞交換会に福田理事長と大平事務局長が 出席し、出席者との交流を図った。
外交ジャーナリスト・手嶋龍一氏の講演「2019年の行方を読み解く」に続いて懇親会に移り、黒岩知事が祝辞を述べられた。
           
                講演会              黒岩知事挨拶        懇親会               懇親会

JECK創立16年記念講演会(2019.01.26)
創立記念式典及び記念講演会をJICA横浜センター4F セミナールーム6・7で実施した。内倉副理事長の挨拶、JICA横浜センター所長・熊谷晃子氏 の祝辞に続いて、アンチエージングプランナーの稲毛有紀氏が、「健康寿命を延ばすための食事と運動」と題して講演した。稲毛氏は、平均寿命と健康寿命、 日本と世界のフィットネス、生活習慣病、飲酒、栄養・食生活、運動習慣等について説き、後半には、寒さなどで固まった関節や筋肉をほぐし、 体感を整える運動の実技指導も行った。参加者は、実技指導により健康の大切さを再確認していた。(トピックスに、 健康寿命を延ばすための食事と運動実践編を掲載)講演会後は、ポートテラス・カフェで、親睦会を開いた。
             

関東学院大学での講義「国際協力の現場」無事完了(2019.01.21)
2018年9月24日(月)から始まった講義「国際協力の現場」は 2019年年1月21日(月)の第15回目最終講義で完了した。 今年度は台風や交通機関などの影響を受けることなく、予定した日程どおりの進行で講義が実施できた。皆様のご協力に感謝いたします。 詳しくはトピックスをご参照ください。
                                                          

第1回地域見学会 原鉄道模型博物館(2018.11.19)
9名が参加して原鉄道模型博物館を見学した。以前にも一回地域見学会に取り上げられ今回が2回目である。世界一とも言われる原信太郎氏が 製作・所蔵した膨大な鉄道模型と鉄道関係コレクションを展示している。とりわけ、日本のみならず、ヨーロッパ、アメリカなど世界中の車両を 忠実に再現した大型模型は、本物かと見まちがうほどの「走り」を見せていて興味深い。企画展として、横浜にも関係の深い東急電鉄の歩みも 展示していた。(トピックスの高遠会員の報告参照)

第29回ほどがや国際フェスタ参加
横浜市岩間市民プラザで開催された第29回ほどがや国際フェスタに参加して、パネル展示、物品販売、子供向けに来年度横浜市等で開催されるラグビーワールドカップ 参加国の国旗当てクイズ等でPR活動を行った。
         

米澤メソッド英会話教室開講 (2018.05.08)
JECK主催の米澤メソッド英会話教室は、少人数ながら英語の基本を思い出し、動詞を中心とする英語上達法、母音とアクセントの使い方、2人ペアーでの英会話実践、 英語の歌を歌い英語のストリームを身に着けるなど。正に五感を生かして体感できる英会話手法が本日2回目を終えました。
1時間があっという間に過ぎ、あとはEnglish Caféライクな雑談会を>1時間、合計2時間でしたが、外国人観光客が多い横浜で 如何に実践してラッシュアップするかが課題です。他方、JECKの課題は「受講生を如何にして増やすか」ということになります。 (担当理事 吉田博至)
      

JECK会報31号配布(2018.10.01)
JECK会報31号が刷了し、JICA本・支部、各県JICA帰国専門家連絡会、県庁関係部門、関係団体・個人、JECK会員に配布した。尚、PDFファイルを本ホームページ「会報」 にアップロードした。

KING SKY FRONT見学及びアジアサイエンスカフェ訪問(2018.10.07~08)
会員有志でキング・スカイ・フロント(川崎市川崎区殿町)のナノ医療イノベーションセンターを見学し、ナノカプセル技術を応用した屋以内医薬デリバリー・システムの 説明を受け、研究施設を見学した。続いて、小林一会員が理事を勤めている、アジアサイエンスカフェを訪問して同カフェのメンバーとJECK専門家の協力の可能性について 話し合った。(詳細はトピックス参照)

よこはま国際フェスタ2017に参加(2018.10.07~08)
JECKは、10月7日、8日の2日間グランモール公園美術の森広場で開催された「ともに生きる横浜 ともに創る横浜」をテーマとした「よこはま国際フェスタ2018」に参加し、 JECKの活動状況を示したパネル展示、会報の配布、会員が関係した開発途上国の物品販売を行った。
初めての試みとして、横浜女学院高等学校の学生さんにボランティア活動の一環として参加していただき、パンフレトの配布、スタンプラリーの応接等をお願いした。