米国ベンチャ事情
JECK会員 石黒 功

1.時代背景
私は1994年の12月に米国に赴任してから2010年の4月に米国の仕事を離れるまで15年の間米国のITビジネスに関わって来た。その間最初の5年は 大手IT企業NECの米国法人で、次の10年は自分の会社 (株)ケイアンドアイインターナショナル で仕事をしてきたが、 その時代は、IBMを中心とするメインフレームが衰退し、サーバーやパソコンのオープンシステムがシステム構築の主流になった時代であった。 そしてMicrosoft、HP、Sun、Apple、CISCO、Oracle等の第一世代のベンチャ企業がその地位を確固たるものにしていた。 (メインフレームからオープンシステムへの変遷の歴史については こちら を参照下さい)
次に1990年代にインターネットの技術が誕生し、90年代半ば以降になるとインターネットが文化や商業に大きな影響を与え始め、多くの新しいベンチャ企業が 誕生した。その頃米国ベンチャ企業と一緒に仕事をした経験を踏まえて、米国のベンチャ事情を説明したい。

2.米国ベンチャ企業との仕事
当社は2000年1月に設立され、New Yorkをオフィスにして(後半4年は東京オフィスを併設)、米国ベンチャ企業の日本ビジネス開拓、ソフトウェアの開発請負、 エンジニアの派遣、米国発ITレポートの発行等を行ってきた。
米国ベンチャ企業の日本ビジネスの開拓では以下の企業と仕事をしたが、当時の仕事の内容の説明に加えて、現在彼らの状態がどうなっているか改めて調べてみた。 尚、多くのベンチャ企業はVC(venture capital)の資金で事業運営するが、VCの投資は、early stage (angels)、mid-stage、late-stageと段階的に行われ、 stage毎に専門とするVCが異なる。そしてその最後(exitプログラム)は上場するか、大手企業に買収されるかが彼らの目標となる。 当社が手掛けたベンチャ企業の多くはVCとベンチャのネットワークの中で紹介されたものである。

(1)Nexidia Inc.(Atlanta)
音声認識技術の会社で、2001年の9.11テロ事件により米国愛国者法(USA Patriot Act。2001年制定、2011年一部延長、2015年失効)が制定され、米国政府による セキュリティ強化と関連予算の増強が図られ、その恩恵を受け急成長していた企業で、10カ国以上の言語の音声認識が電話傍受に適用された。当時この技術を民需 (コンタクトセンタ)に転用するため新しい開発を始めていて、第二段階のVCの投資を受けていた。当社が手掛けた最初のベンチャ企業で、幸いにもNECの交換機 グループが日本のディストリビュータになってくれた。当社は関連するアプリケーションや日本語辞書の開発を担当した。現在はコンタクトセンタ向けソリューション 大手のNICEの子会社になっている。

(2)iWay Software Inc.(New York)
異種システム間の結合アダプタ(IBMやSAPとの接続)とそれらを統合管理するシステムインテグレーションのソリューションベンダでありオーナー会社で、 当時すでにNew Yorkマンハッタンの真ん中にオフィスを構え、700人を超える中堅企業であった。日本では日立やNECがディストリビュータになっていた。 現在でも会社名も製品名も同じまま健在である。

(3)CAMINUS Corporation(New York)
電力会社のトータルソリューションで、欧米では電力業界の自由化が進んでいて、発電会社、送電会社、販売会社が完全に独立運営されている。そして市場が構成され、 電力は発電会社と販売会社の間で市場取引され(大口顧客への直接販売もあるが)、取引された電力は送電会社の送電線を経由して数分単位に行き先制御 (パイプライン制御)されながら販売会社や顧客に送電される。CAMINUSは英国の市場システムの設計を請負った大手のソリューションベンダで、NECがJVを作った時の 相手側のEVPだった人が社長になっていたため、そのコネで日本向けビジネス開拓を担当した。当時日本でも電力自由化の機運が高まり、三菱商事(傘下に発電会社を 持つ)が関心を持ってくれて一緒に検討したが、その時には本格的な自由化が見送られ、日本での導入には至らなかった。現在はNASDAQに上場されている。

(4)Media Publisher Inc.(California Berkley)
マルチストリーミングの技術で映像を配布するビデオ配信ソリューションで、ビデオによる企業内情報管理システムを構築し、米国では普及し始めていた。 当社は日本語化を担当し、NECとSony、CTCにアプローチしたが、ビデオ配信による情報管理(役員やスタッフから社員や外部への情報伝達や教育)は日本では 時期尚早ということで導入には至らなかった。現在は同社の名前は見当たらないが、当時から大手の買収話があり、買収された可能性が強い。

(5)Time Cruiser Computing Corporation(New Jersey)
インターネットを利用して学校の管理(授業スケジュールの配布や宿題のやりとり、授業料支払等)を行うeCampusソリューションで、米国で普及し始めていた。 NECやベネッセに紹介したがやはり日本では時期尚早であった。New Jerseyの同じ町にCampus Cruiserという会社があり、もしかしたら後継かも知れない。

(6)Yellow Dragon Software Inc.(Canada Vancouver)
当時はeBusiness(B to B EC (electronic commerce))ソリューションが大ブームで、国連(UN/CEFACT)で共通仕様ebXMLが開発されていた。そのチームが独立して 立ち上げた会社で、XMLベースのeBusiness platformを開発し、前述のiWay SoftwareがOEMでセールスしていた。NECやNTTデータ、三菱電機に紹介したが、 導入には至らなかった。2003年にアドビシステムズに買収されている。

(7)eQuanxi Inc.(California Palo Alto)
やはりeBusiness platformソリューションで、香港に開発拠点を持つearly stageのベンチャ企業。伊藤忠商事が関心を持ってくれて、VC投資を含め検討してくれたが 締結には至らなかった。現在同社の名前は見当たらない。

(8)Group Intelligence Inc.(New York)
Middlewareソフトで一度成功している(Sybaseに売却)人がB to B企業間情報交換サイトをビジネス化したいということで、スタートアップの協力を依頼され、日本の VC数社を紹介した。しかしこのステージの企業に投資するVCを見つけることは出来なかった。自己資金で開発を進めていたが、現在同社の名前は見当たらない。

以上のように当社はスタートアップ前から既に出来上がっているベンチャ企業まで色々なステージのベンチャ企業に関わってきたが、その多くは米国では十分成功 している。しかし日本では殆ど成功していないが、その原因を分析すると以下のことが言える。
(1)いくつかのビジネスは日本では時期尚早で、機が熟していなかった。
(2)日本の大企業はベンチャ企業に慎重で、リスクを避ける傾向がある。しかしこのことは新しいテクノロジーやビジネスモデルに対する取り組みが遅れることを 意味し、日本のIT産業が国際競争力を失って行った遠因であるような気がする。
(3)日本の大企業は自社開発を好み、完成品(パッケージ)導入を嫌う傾向がある。この点で印象に残っているのは、NEC時代に少し関わった住友銀行(現三井住友)の 海外店システムで、フルバンキングシステムをベンダの異なる数種類のパッケージ(預金/為替、融資、会計)をミドルウェアでつないで実現したことには驚かされた。 (日本のフルバンキングシステムは数百人から1,000人規模で自社開発されている。勿論規模(顧客数や取引件数)は1桁から2桁違うので単純に比較はできないが)

3.California vs New York
15年の米国との関わりの内、最初の4年はCaliforniaを、次の11年はNew Yorkを拠点にして仕事をしたが、最後に仕事を離れて米国での生活について触れてみたい。 CaliforniaではオフィスはSan Jose(シリコンバレーの中心)、住まいはCupertino(Appleの本社がある)であった。オフィスはCISCOの隣で当時急成長していた 同社のビル(2階建て)が毎年2〜3個増えて行くのには驚かされた。住まいは、ロータリーに10数軒の家が立ち並び、1つの小さなコミュニティを作っていて (米国では道路(avenueやstreet)沿いにアドレスが振られていてコミュニティになりやすい)、多人種の人が仲良く生活していた。移民も多く、英語教育も充実 している。公立の短大のコミュニティカレッジには高校卒業の資格があれば誰でも入学でき、好きな科目を選択できる。カレッジはESL(English Secondary Langage, 英語を第二言語とする人たち)コースと一般コースに分かれ、ESLを卒業すれば何時でも一般コースに移れる。このように開放的なところがCaliforniaの良さである。
次にNew Yorkに移ったが、オフィスはNEC時代(1年間)には今は無きWTCの40数階に、その後はエンパイヤステートビスの隣にあり、高層なため煙草を吸うのも 一々外に出て大変だったことを覚えている。家は最初の1年はマンハッタン、その後はNew Jerseyのアパート住まいでかつこの頃は日米半々の生活であったため 余り周りの人との交流は持てなかった。このためご近所付き合いは日本人同士になりがちでアメリカ人との交流は仕事中心にならざるを得なかったが、仕事も皆が 忙しく競争しているようで息が抜けなかった。しかしこれがNew Yorkの良さかも知れない。
米国の大学ではNo.1卒業生はベンチャを作り、No.2、3はベンチャのマネジメントで働くと言われているが、そのような優秀な人達と仕事を通して熱い交流が出来たことは 何にも増して貴重な経験であった。